栄養バランスがすべてのカギを握っているのかもしれない

MENU

毎日の微調整が栄養バランスのキモ

体のために摂取したい栄養素というのは多くありますので、それぞれの栄養素に特徴があります。そして栄養バランスを整った食事を一日3食しっかり摂ることで、健康な体をつくることができますが、もしそれが叶わない時、まとめて栄養成分を摂ろうとしてもそれが上手くいかないことがあります。空腹を満たす、という意味では、例えば「食いだめ」ということも可能ですが、それが果たして健康な体をつくるために必要な栄養成分が本来の働きをするためになっているのか、というと実はそうはいえません。いわば食いだめは「ドカ食い」と同じ状態ですので、例えばそこで過剰に摂取されて消費しきれないタンパク質や脂質、糖質は脂肪として体に蓄えられてしまいます。このようなことから栄養バランスをしっかりとることを重要視した場合には、毎日しっかりバランスを考えた食事をとることが重要であり、1食のうちにそれが賄えそうにない時でも、なるべく栄養バランスが取れるようにちょっとずつ微調整をしていくことが大切です。そしてそのためには例えばサプリメントや青汁というようなものもうまく活用してみるとよいのではないでしょうか。現在では携帯性のよいものも登場していますので、外出先でも栄養バランスの微調整が可能です。

 

金融車などでお金を浮かせることが出来れば、サプリメントなどにもお金を回せますが、金融車には安いというメリットもありますが、デメリットもそれなりにありますので気を付けましょう。金融車販売天の言いなりになってしまうと、金融車のデメリットばかりつかまされてしまうリスクもありますので、最低限の知識は頭に入れておくべきでしょう。

栄養バランスを正すには何をどれだけ摂るか

きちんと栄養のバランスがとれた食事ときいて、まず思い浮かべるのは家庭で食べる食事ではないでしょうか。確かに一昔前は家庭での食事というと日本的な家庭料理を指しており、お肉よりも魚のタンパク質、野菜多めの献立などを暗に示していましたが、現代ではその「家庭での食事」は変化しています。食の欧米化と言われている現代ですが、それは例えばファミレスなどでの外食ばかりを指すのではなく、家庭で作られる料理に関してもいえることですので、「家庭での食事」がすべて栄養のバランスがとれている、という食事ではなくなってきています。このような変化から、まずしっかり栄養のバランスがとれる食事とはなにをどれだけ摂取すべきなのか、ということを今一度しっかり考えなくてはなりません。自宅で食事をとっているという人でも食事のメニューの変化によりそれ自体が栄養のバランスを欠いてしまっている、というようなことも十分あり得ますので、自分でまず何をどれだけ摂取すればよいのかしっかり勉強してみることが大切です。そしてそれに役立つものとして農林水産省のウェブサイトにある食事バランスガイドがあります。PDF形式でダウンロードすることができる食事バランスを整えるための解説書などが置いてあり、子供向けや親子向け、若者向けや中高年向け、そしシニア世代向けというように世代別でも活用できますのでそれらで勉強してみると栄養のバランスとは何か、ということがよくわかるようになります。